知って得するマイホーム購入時の注意点!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

那覇市のFP(ファイナンシャルプランナー)の松村と申します。今回はマイホーム購入時の注意点をお話しします。住宅やマイホームを購入する際、金額が何千万や億という単位になると細かい数字に目がいかなかったり、現金の手出しがなくて銀行から融資できればいいやという方が大変多いように感じます。本来金額が増えれば増えるほど慎重に考えないと大損してしまいます。

大損しないために

1・戸建てであれば基礎の追加工事について確認しましょう。沖縄は島国で地盤が弱いところが多いです。地盤調査によって基礎の変更をする場合が多いので、メーカー(業者)の標準基礎を確認し追加工事の有無を確認しましょう!

2、諸経費項目は購入するメーカー(業者)に頼む方が多いですが、本体工事以外の項目例えば解体工事費、造成工事費、給排水引き込み工事、登記費用、火災保険料などはどこのメーカー(業者)を使っても原則大丈夫です。全部同じところに任せると逆に割高になる場合があります。そこを見極めるポイントがあります。気になる方がいらっしゃいましたらお気軽にご連絡下さい。

3、銀行は最低2行は持ち込みましょう!メーカー(業者)と提携しているなどの理由で銀行はここで融資しましょうなどの理由で銀行が決まる場合があります。銀行選択、金利選択は大変大事です。借金返済するのはメーカー(業者)ではありません。FPを利用するなどして条件の良い金融機関を自身の手で見つけましょう!

4、インフラや都市計画などを確認しましょう!特に道路は重要です。私道であれば持分をもらえるか、将来市や町に帰属する計画があるか確認しましょう。都市計画についても将来的に近くに大きな道路が通る計画などがあると地価の上昇も期待できます。また、近くに山や大きな川がある地形においては土砂災害や水災のリスクもあるので注意しましょう!また、那覇市では都市ガスが通っているところが大半なのでガスについても確認しましょう!

5、固定資産税、管理費などしっかりと計算にいれましょう!銀行の借入ばかり気に取られ、固定資産税や共益費・管理費などおろそかになる方がおおいので注意しましょう!

6、保険の見直しについても検討しましょう!住宅には団体信用生命保険により、亡くなれば住宅ローンも無くなるのですが、現在は三大疾病でも住宅ローンが無くなる商品もありますが、大半の場合は病気の場合は住宅ローンは無くならないので、絶対その期間病気にならないということはないかと思うので、働けなくなったリスクにも備えましょう!

7、土地、建物の名義、住宅ローン控除など税務に関係することも確認しましょう。住宅ローン控除は適用要件を満たせばH26.4~H29.12入居開始でであれば年末ローン残高の限度額4,000万円(認定住宅は5,000万円)が控除率1.0%で最大控除額400万円(500万円)です。給与所得者も初年度は確定申告が必要なので注意しましょう!

8、FPに相談しましょう!上記を読んで頂いて心配だなと思われた方はFPに相談しましょう。FPはメーカー(業者)の味方ではなくお客様の味方です。一生のうちで一番大きな買い物かもしれません。大損しないためにも是非FPを利用して下さい。

 

ライフアドバンス  FP(ファイナンシャルプランナー)   松村 崇

お気軽にご相談下さい。  TEL 098-943-7026

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です