準備の必要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

那覇市のファイナンシャルプランナーの松村です。

良い仕事には良い準備が必要です。

もちろん運とか外的要因や資質とかもありますが、

例えば試験とかも、準備をしっかりとした方が

結果は良くなる可能性が高いと思います。

 

今回は老後の準備の話です。

当事務所のお客様でも数年前からiDeCoやNISAの相談がよくあります。

投資というとハードルが高く感じる方が多いですが、

iDeCoやNISAも投資ではありますが、税制優遇もあり

比較的始めやすい制度ではないかと思います。

日本は投資される方が大変少ないと思いますが、

日本の現状は少子高齢化で若年者が減っています。

年金は減っていき、医療費、税金等が増えていくことは

ほぼ確実です。

 

年金だけで生活していくことは難しい世の中になっていってます。

もちろん高齢になっても働くというのは一つの策ではありますが、

健康状態等で働けないかもしれません。

どうしようかと考えた時にアパートを建てて不労所得を得ようと

考える人も昔は上手くいく方も多かったですが、今の時代は

よく考えて下さい。

消費税が10%になると例えば7000万円のアパートを建てるとすると

税金だけで700万円です。

消費税が5%の時代にスタートした方と比べると、

スタートで350万円差があり、更に現在建築費も上がり、人口も

減っているので、入居重要があり土地を元々持っている方でないと

とてもじゃないですがお勧めできません。

もし、不動産投資であれば消費税課税業者ではない個人等から

物件を買えば消費税がかからないので築浅で建物付きの物件を

購入する方が得だったりします。

 

月々の投資で老後の準備をスタートしやすいのは

NISAやiDeCoではないかと個人的に思います。

NISA口座内であれば、通常株式や投資信託の売却益は20%の課税が

ありますが、NISA口座内であれば非課税です。

NISA、ジュニアNISA、つみたてNISAがありますが、

気になる方は金融庁等のホームページ等でチェックしてみましょう。

 

iDeCoの魅力は積立金額すべて所得控除の対象になりますので、

所得税、住民税が節税できます。

またiDeCoも運用益が非課税で受け取るときは、

公的年金等控除退職所得控除の対象となるというメリットがあります。

 

また、将来の医療費の備えとしては健康なときに医療保険に加入することをお勧めします。

その際、若年者は払い込み期間をなるべく若く設定し、保障は終身のプランを

お勧めします。

 

備えあれば憂いなしという言葉がありますが、

人生何が起こるか分かりませんので、

最低でも、予測できそうなことは準備することが必要ではないでしょうか。

 

ライフアドバンス ファイナンシャルプランナー

松村 崇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です