空き家問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

那覇市のFP(ファイナンシャルプランナー)の松村です。

今回は空き家の問題についてお話させて頂きます。

 

総務省の統計によると平成25年度時点で住宅総戸数6063万戸に対して

820万戸が空き家である。

空き家になるのにはそれぞれのご事情があると思います。

ただ、理由なしに空き家の状態にしておくのは得策ではありません。

当然、家屋はいたみますし、火災保険も住宅料率ではとれない場合が多く

保険料はあがりますし、長い間、空き家の通知をせず保険をかけていても

保険がおりない可能性があります。更に住んでいないのに固定資産税等の

お金もかかります。

 

解決策として貸すことや売ることがあります。

貸すことにおいては特に都心部では需要が高いです。

火災保険料も住宅料率でよく保険料は抑えれますし、

収入が生まれます。更に劣化も抑えることができます。

売却も一つの手です。売ることは不動産に任せておけばよいので

そんなに手間はかかりません。特に地方の住宅地であれば待てば

値があがるわけでありませんし、住まなくなってから3年目の

12月31日までに売却すれば譲渡所得3000万円の特別控除があります。

 

お困りの点があればFP(ファイナンシャルプランナー)に

相談下さい。

 

那覇市 ファイナンシャルプランナー

ライフアドバンス 松村 崇

TEL 098-943-7026 駐車場完備

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です