2014.7.9 台風被害がでる前に火災保険の確認を

このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄県那覇市真嘉比のFP事務所兼保険代理店のライフアドバンスと申します。昨日台風8号が通過し、ご縁頂いてるお客様の物件を確認しておりますが、大なり小なり被害が出ております。

ここで1つ住宅用火災保険についてお話しますと、以前の台風についての住宅用火災保険は、数年前までは免責とは違うのですが、20万円を超える被害については全額保険対応できるのですが、逆に20万円を超えなければ全く保険がおりないという商品が主流でした(現在では風災免責0が主流)。特に沖縄では鉄筋コンクリート造の建物が大半の為、建物本体の被害は少ないのですが、よくある被害として部屋と部屋を火災が起きたときに破って逃げれるパーテンションと呼ばれるものの被害やフェンスや外灯の被害が多くなっております。その為、沖縄での台風の被害に関しましては当事務所におきましては20万円以下の被害が大半です。私どもが新規の方にお話に行く時、風災の免責がどうなってるかや、ブロックやフェンスなどの屋外設備も保険の対象と知らない方もまだまだ多いので、今回の台風を機会にしっかりと現在の火災保険の加入状況を確認し、見直しされてみてはいかがでしょうか?(30年や35年などの長期一括払いで保険に入っていても未経過部分については保険会社から返金されます。)

ご興味ある方はFP・保険代理店ライフアドバンスまで是非ご連絡を    098-943-7026

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です